トップ > チーム紹介 > 京都東 > 概要

チームページ
概要年間行事

概要

概要
当協会はリトルリーグ(小学生)、リトルシニア(中学生)の各関西連盟に所属している公認チームです。健全な少年育成を目的として、野球を通じての規律、礼儀、友愛を学ぶ場所を提供しています。 ボランティア精神のもと、学生 - 社会人 - プロ野球 各時代の高度な野球道を収得したスタッフで構成され、子供達が将来立派な社会人になるための道のりを手助けします。
特徴
私達は営利団体ではありません。野球好きのスタッフたちが一人でも多く社会に役立つ人物を育てる為の糧として、指導している奉仕団体です。 我々の力は限界があります。他のチームのように有名人をスタッフにしたり、立派な専用球場があるわけではなし、恵まれた設備もありません。しかし無限の可能性をもった子供たちの為に立派な物質はなくても人が人を育てることができます。その限界にチャレンジし続けるスタッフの心意気の根底は、感謝する心、努力する心、思いやりの心があるからです。子供たちにもその気持ちを継承させたいのです。
教育システムについて
従来は、スポーツ強化の一環として根性論が圧倒的に支持されてきました。確かにここ一番で力を出すのは常日頃の練習密度だとおもいます。我々も以前はそうするものだと思い続けてきました。しかし、近年注目されているのは科学的トレーニング方法です。そこで当協会は、従来からある根性論のよい面と時代が求めている科学的トレーニングを組み立てることに成功しました。すなわちフィジカル、スキル、メンタルの3要素を取り入れ、他のチームでは真似できないプロパーな育成を行います。
教育システム紹介

【体力面】

中学生の身体は、心身ともに大事な成長期です。我々も親からお預かりしているお子様を間違いのないように育てる使命があるので、当協会の専属トレーナーを置き、個々の体格に合わせたメニューと個人カルテを作り、クリニックとネットワークを結び万全の体制でトレーニングします。

【技術面】

アマ、プロの野球に精通したスタッフを揃え、高校野球に通じるスキルの基礎から応用までを指導します。スタッフは、トレーナーを交えて絶えず子供たちとコミュニケーションを持ち個々の能力アップを目指します。

【精神面】

希望を持って入団した子供たちが挫折しないようにカウンセリング(現場、フロントと一体)をします。高校在学中の当OBも相談にのります。

シニアの歩み
昭和54年6月シニア誕生
7月日本選手権関西予選 2位 日本選手権 優勝
昭和55年6月日本選手権関西予選 2位 日本選手権 3位
昭和61年6月日本選手権関西予選 6位
8月日本選手権(神宮)出場 ベスト16
平成4年4月関西大会 準優勝
8月世界選手権メンバー2名選抜(アメリカ)へ
平成5年6月日本選手権関西予選 6位
8月日本選手権(神宮)出場 2回戦進出
平成8年3月日本選抜大会(大阪) 1回戦(対調布)惜敗
平成13年8月日本選手権(神宮)出場 1回戦(対川崎北)惜敗
平成18年3月日本選抜大会(大阪) ベスト16
10月関西大会 準優勝
11月タイガースカップ杯(甲子園) 3位
平成19年3月日本選抜大会(大阪) ベスト16
4月関西大会 優勝
7月日本選手権関西大会 ベスト8
8月日本選抜(東海) ベスト
日本選手権(神宮)出場 1回戦(対横浜金沢)惜敗
世界選手権メンバー1名選抜(ベネズエラ)へ
11月由良シニア記念大会 優勝
平成20年10月秋季関西大会 ベスト16

検索メニュー
◆選手名
(選手名検索)

◆大会結果
(大会名から検索)

◆試合結果 (チーム名から検索)

◆チーム紹介 (チーム名から検索)